ベルリン建築散歩本「BERLIN Allee, Platz, Straße」書籍版
5ae4888950bbc36ab3000f11 5ae4888950bbc36ab3000f11 5ae4888950bbc36ab3000f11 5ae4888950bbc36ab3000f11

ベルリン建築散歩本「BERLIN Allee, Platz, Straße」書籍版

¥1,500 税込

送料についてはこちら

COMITIA124(2018/5)新刊 『BERLIN Allee, Platz, Straße』書籍版 _______________________ 【!】こちらは書籍版になります。 ※ 本誌のみご購入の場合はスマートレターにて発送します。他の品物と合わせて購入される場合はレターパックの送料が適用されます。 _______________________ ——2018年2月、冬のベルリンにしては珍しく晴天続きと思いきや、ヨーロッパを大寒波が襲う! はたして撮影プランは遂行できるのか!? 某月刊デザイン誌の編集部を辞めて、とりあえずドイツの首都ベルリンへ10年ぶりにエスケープした紙ラボが、何を思ったか近現代の名作建築を撮り歩く計画を立て、日によっては20kmを超える散歩を敢行しながら8日間に渡って氷点下のベルリンをうろちょろした建築撮影録です。 都市と建築の関係は調べ始めると面白いもので、特にベルリンは、ヨーロッパ有数の大都市でありながら大きな変化を重ねてきた街です。さまざまな様式を飲み込み、モダニズムの最前線を駆け抜け、崩壊と再生のなか先駆的な都市計画を遂行し、そして今もまだ変化の渦中にある。 正直、観光地として華があるとは思わないにも関わらず、なぜ自分がベルリンに惹かれるのか。建築を一気に追っていくことで、都市そのものが持つストーリー、変化の記憶と、そのダイナミズムがだんだん見えてきました。 本書は戦後の建物を中心にしつつ、ベルリンの近現代の建築50スポットに、18〜19世紀にかけての建造物、住宅建築を合わせて約80カ所をコンパクトに紹介します。 編集・執筆・撮影・レイアウトすべてソロワークの同人誌としても、このボリュームは初めての試み。「無茶しやがる」と笑ってもらえたら幸いです。 _______________________ 〈書籍版:仕様〉 サイズ:120×188mm 84ページ PUR製本 カバー:  ホワイトコート 四六135kg(CMYK)  グロスPP 表紙:  OKマットポスト 四六220kg(DIC579C)  OPマットニス 本文:b7バルキー 四六90.5kg(CMYK) _______________________